いつも隣にある冷えた笑いと涙

例えば、地球を初めて見るエイリアンに「職人」を説明するとしたら、どうやって説明する?「不運」の雰囲気とか、ううん、まずは地球のについての説明から始める?

のめり込んで泳ぐ弟と月夜

友達のチカコは頭がキレる。
頭が良いなーと感じる。
決して人を裁いたりはしない。
何この人?と思っても、まずは相手の気持ちも酌む。
なので、視野が膨らむし、強くなれるのだ。
意見を貫くよりも、この方がチカコにとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむ方法、起こったことを自分のものにする方法をとても理解している。

息もつかさず踊る彼女と擦り切れたミサンガ
家の庭でハンモックに寝転がり、気持ちの良いそよ風に吹かれるのを楽しむ、休日の午後の事。
空には飛行機雲が一筋走っていた。少年は、家の猫が「シャギャァッ!」という凄まじい声に驚いて、ハンモックからドテッと落ちてしまった。
まじまじと見てみると、猫は蛇に相対し、尻尾まで立てて吠えながらすごんでいた。
蛇はそう大きくはなく、毒も持っていないっぽかったので、少年は小枝を振って追っ払い、猫を抱いてまたハンモックに寝転がった。
少年は、ネコの背中をなでてやりながらお腹の上で寝かしつけ、気持ち良さそうにゴロゴロと鳴くネコを眺めた。

無我夢中で体操する姉妹とアスファルトの匂い

さやかちゃんはルックスはおだやかそうに見られるらしいけど、活発な女友達。
旦那と、1歳の賢治くんと、3人暮らしで、パン屋さんの隣のアパートに住んでいる。
仕事も育児もしっかりこなして、忙しいけれど、時間の有効活用は素晴らしい。
少しでも時間があれば、今日会える?など絶対連絡をくれる。
私は結構頻繁にドーナッツを作って、さやかちゃんのうちに行く。

ノリノリで熱弁する妹と私
業務で身に着けるジャケットを買いに向かった。
コムサなどフォーマルなところも良いけれど、ギャル系のお店もありだと思う。
若々しくてハキハキとした女物の服屋で体にフィットする製品が多数。
値段はテナントによって差が出てくるが、ほとんどがリーズナブル。
そして、スーツを探していたが、細身の物が多く置かれていた。
着用後、ちょっとはあか抜けているように見える気がする。
良い服選びができて、すごく満足した。

泣きながら跳ねる姉ちゃんと霧

富士には月見草がよく似合うと言う名文を記したのは小説家の太宰だ。
太宰治は、バスで、御坂を越えて、今の甲府へ行く途中だった。
同じバスでたまたま乗り合わせたおばあさんが、「月見草」とつぶやく。
それに、振り向いた太宰の目に入ったのが月見草、同時に富士の大きな裾野である。
富岳百景に記されたのこの話は、日本一の名山を理解するときに欠かしてはいけない。
他にも文芸に引っ張りだこの、3776mの名山だ。
どの場所から見てもおんなじように綺麗な形をしているために、八面玲瓏という言葉が似合うと口にされる。
納得だ。
私が感動したのは、春の名山、富士山だ。

息もつかさず自転車をこぐ父さんと電子レンジ
ネットでニュースを毎日見るけれど、新聞を読むことも好きだった。
現在は、無料で閲覧できるインターネットニュースが色々あるから、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて買わなくなった。
けれど、読み慣れていたからか、新聞のほうが短時間で多くの内容を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、濃い内容まで見やすい点はある。
一般的な情報から関わりのある深いところまで見つけていきやすいけれど、受けなさそうな内容も新聞は小さくても記載しているので目につくけれど、ネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、米国のデフォルトになってしまうかもという話が目につく。
債務不履行状態になるわけないと普通は思うけれど、仮にデフォルトになったら、他の国もきっと影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

雨が上がった金曜の午後にカクテルを

服屋さんってなりたくないなど考えるのは私だけだろうか。
毎日、徹底的にコーディネイトしないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、出張で働くときはスーツ着ればOKだし、メイクもしてればOKとされる。
お出かけの時は、自分が納得するファッションを纏えばいいし、家で働くときはTシャツにジーンズでできる。
なので、きっと、服を売るなんて商売には、向かないと思う。
ショップに入ると店員さんがやってきて、流行やコーディネイトを教えてくれる。
何度買い物に来てもそれに固まってしまい、買わないで逃げてしまうのだ。
これも、店員さんって出来なさそうと思う大きい理由の一つだ。

寒い土曜の晩にお酒を
ビビアン・スーは、美人で努力家で才能あふれる人だと思う。
年齢が30代も後半なんて、まったく信じられない。
過去に見ていたテレビで、印象的なのが、ビビアンが、米国人からのインタビューに返答していたすがた。
まだ勉強している所のようだったけれどとても一生懸命だった。
現在は英語はもちろん日本語も、すでに話せるだろうと思う。
ビビアンの驚くべき素敵さは目を見張る位だ。

のめり込んで泳ぐ友達と冷たい肉まん

昨日は、梅雨が明けて初めて雨が降った。
チヌ釣りの約束を釣り仲間としていたが、雷が鳴ってきたので、さすがに危険で行けない。
確認したら、雨がやんだので、できれば行くということになったのだが、釣りに行ける準備を終えて、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨が止んで来ていた釣り人が、ばたばたと釣りざおなどを車に片づけていた。
えさを買って用意していたのにもったいなかった。
またの機会にと話して釣り道具を片づけた。
明日からは雨じゃないらしい。
その時は、次こそ行きたい。

どしゃ降りの祝日の日没はお菓子作り
たしなむ程度の酒のおともに、ローカロリーで体に良い食材を!と考えている。
ロングヒットな酒の友は焼き葱。
それ以前はさんま。
そして、直近ではウナギだけれど、少々高めなので断念。
先日新メニューを考案した。
スーパーで80円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、ごま油で炒めて、みりんと塩を適量使用し味付た物。
かなり価格はリーズナブルだし、KCALも低い気がしませんか。

Copyright (C) 2015 いつも隣にある冷えた笑いと涙 All Rights Reserved.